2019年10月05日

まずは羊の自動毛刈り装置から

MINECON 2019 がありましたね、てべです(^-^)/
てべ的には湿地帯(主にチェスト付ボート)の追加に期待していたのですが、投票の結果、追加されるのは山岳地帯になっちゃいましたね(/_;)
山岳地帯も物寂しい感じだったので結果オーライですが、これでまたウチのワールドの山岳地帯の開拓は先送りとなりそうです…(^^ゞ

天然の1本竹 !!
前回、良い場所を求めてウロウロしていたときに見つけた、ジャングルの端に生成されていた1本竹 !!
自然生成ということは、ココは辛うじて以前に来たことのなかった場所だったようですヽ(^0^)ノ
でも、ココのジャングルはまだ寺院が実装されていなかったのに、あると勘違いして探し回ってしまった後なので寺院はともかく、竹も自然生成は見つからないだろうと思ってたんですよね。
(今持っているのは、釣りで入手したものです)
まさかの自然生成の竹を発見してすごく嬉しかったので記念撮影しておきました(笑)

E178A909-9085-4B7A-BB60-81B133E94683.png
さて、今回は『羊の自動毛刈り装置』を作りたいと思っているので、場所の特定をしています。
地図を跨いで装置を作るのは少しリスクがある(今回のは大丈夫だと思いますが)ので、念のため地図を使って確認しておきます。

尚、今回の『羊の自動毛刈り装置』は【マイクラのミタ】さんところの『ディスペンサーにハサミ入れた羊毛自動刈り機でトロッコも自動発車!』内の一番簡単な『1マス毛刈り機』を参考にさせて頂きました。
いつもお世話になっております(_ _*)
こちらの記事内には他にも色々な自動毛刈り装置が紹介されていますので、是非一度ご覧になってみてくださいませ(^-^)/

自動毛刈り装置作り方1
まずは自動毛刈り部分の作成です。
下に土台のブロックを2マス置いて3マス目にオブザーバー(観察者)(羊が食べる草ブロックの後ろ)、その上にティスペンサー(発射装置)(羊の毛を刈るハサミを入れるところ)を乗せます。
オブザーバー(観察者)の後ろにブロックを1つ置いて、その上にレッドストーンパウダーを乗せておきます。
これだけで、羊が草を食べたのを感知してハサミで毛を刈るという仕組み自体は完成です。

羊の自動毛刈り装置作り方2
次に刈った羊の毛を集める機構を作っていきます。
今回は、2匹の羊で刈り取った羊毛を1つのチェストに集めていくので、ドロッパーを上向きに2つ置きその上にチェストを設置しました。
オブザーバー(観察者)の前に草ブロックを置きそのすぐ下にホッパー付トロッコが置けるように、一番下のドロッパーに流れていくようにしてホッパーを設置していきます。

羊の自動毛刈り装置作り方3
最後に、一番下のドロッパーに集まった羊毛が上のチェストまで運ばれるようにレッドストーン回路を組んでいきます。
オーソドックスな回路ですねd(^-^)

羊の自動毛刈り装置作り方4
最後にディスペンサー(発射装置)にハサミを入れれば完成です★

羊の自動毛刈り装置完成
もう1匹羊が入るスペースと、自動毛刈り装置を作成しました。
後はガラスで囲って羊を入れればOKです。

羊さんを集めておきました
この装置は計 16 色の羊毛を集めるために向かい合わせで8匹ずつ羊さんを入れていくので、何匹か羊さんを集めていきます。
自然スポーンする白、黒、茶、灰、薄灰は染めずに見つけたいところですね。

次は計 16 色の羊さんを染色して羊小屋にしていきたいと思います(^-^)/
それでは、今回も閲覧頂きありがとうございました。
また次回に★…ヾ('-'*)
posted by てべ at 14:33| Comment(0) | RS装置
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]