2018年11月27日

サトウキビ自動収穫装置作成!

昨日が月曜日だということをうっかり忘れていました、てべです(_ _;)
だって三連休と言ったら、最近はハッピーマンデーの影響でどうしても土日月のお休みだと思ってしまうんだもの…(^^ゞ

天然のピンクヒツジさん発見!
足りなかったアイテムを取りに月番地まで戻ってきたら、なんと天然のピンクヒツジさんがスポーンしていました!ヽ(^0^)ノ
ピンクヒツジさんのスポーン確率はかなり低かったはずなので、なんだか嬉しいです(*^^*)
早速月番地の【星のおへや】に保護してエサをあげておきました。

さて今日は、前回完成した無限村人増殖機構&仕分け機構で増えた村人さん達の取引内容を確認していくべく、一番必要なサトウキビの自動収穫装置を作っていきたいと思います(^-^)/
今回のサトウキビ自動収穫装置は、ハヤシチャンネルさんの『【Minecraft】今更ドハマりした男の『MINECRAFT』実況プレイ part48』内で紹介されているサトウキビ回収装置を参考にさせて頂きました。
ハヤシさんの装置の作り方や説明が丁寧でとてもわかりやすくてすごく好きなんですよね。

サトウキビ自動収穫装置前面
サトウキビが3段目まで生長したのをオブザーバー(観察者)で感知してピストンで刈り取り、ホッパー付きトロッコで回収するという仕組みになっています。

ホッパートロッコは収穫された時だけ動く仕組み
ホッパートロッコは収穫された時にだけ動く仕組みになっています。
オブザーバー(観察者)で感知した信号から動力を取っています。

サトウキビ自動収穫装置裏面
レッドストーン回路はとてもシンプルな作りです。
でも、オブザーバー(観察者)1つで感知するとなると、結構時間がかかるのでもう少し設置してもいいかもしれません。

17 × 2列作成:サトウキビ自動収穫装置
17 ×2列分作成しました。
オブザーバー(観察者)は、ネザー水晶(闇のクォーツ)が今手元にあまりないので、また集めてから増やそうと思います。

削り取ってのっぺらとしてしまった砂山
出来るだけ自然な感じに仕上げ
最後に、サトウキビ自動収穫装置を作るために削った砂山の、真っ平らな壁面を自然な感じに仕上げておきました。
気になった途端手を入れてしまったので、上の SS はすでに少し手を入れた後のものになってしまいました(^^ゞ
が、充分に不自然な真っ平ら感は分かるかと思います。

と言う所で、次回はこの辺りの装置に建物を作りつつ、村人さんの選別をしていこうと思います。
修繕持ちの司書さんが早く出てきてくれますように!(-/\-)

それでは、今回も閲覧頂きありがとうございました。
また次回に★…ヾ('-'*)
posted by てべ at 12:13| Comment(0) | RS装置
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]